西湖・石切

前日13日(火)
石切第一出っ張り横に左右溶岩が張り出している中央に舟着け
先週の釣りで第一出っ張りを短竿で釣り30枚の釣果を見ていた。
同じ釣り方で試すとヘチ寄りにヘラ鮒が見え釣れだしも早く明日の場所に決める。

14日(水)
精進湖・ニューあかいけ
点呼朝礼と進み検量カ-ドを受け取り西湖青木ヶ原釣り宿に向かう
毎年の山上湖例会で石切を戦場として闘うメンバーが今年も揃う

5時の出船合図に目指す第一出っ張り
話しながらの漕ぎ出しに通り越してしまい急ぎ戻る失態を犯した。
竿:13尺
道糸:1.2号
ハリス:東洋ナイロン極み 上1号ー下05号 15cmー55cm
浮き:一峰オカメSP2号
バラケ:オカメバラケE+セットバラケD+宙バラケ
クワセ:オカメ

溶岩に舟を昨日の位置に着け溶岩の間のポイントにエサを入れる。
昨日は当たり出しに30分を掛けたが
今日のウキの動きは10分と直ぐに現れる。
アット消し込む当たりで5枚がフラシに入る。
もしかするとで目標の50枚を変更して70枚に
9時に1フラシ17枚で交換
当たりが遠のいては11尺に交換で2.3枚が釣れ
13尺 と交互に釣って行く
12時に2フラシ目34枚
これからの時間が徐々に魚の気配が少なく偶に消し込みで竿竿を曲げる。
風向きが西風と変わり大きく舟を揺らす
流れもきつくなりオカメ釣りには最悪のコンディション
ヘラ鮒の目の前にオカメがあるとスッパンと消し込む
何度かヘラ鮒の引きの強さに竿が立たずにハリスの05号が切れる

舟に波がかぶり水が入って来た。
時間も3時に納竿を決める
51枚の釣果で一寸不満足も楽しめた。

成績も28.6kで9位と善戦の1日
来月は千代田湖何とかベストテンを目標に