新へらで勝負に

千代田湖・千和中央R
前日・試釣り
駐車場には会員の車で既に一杯です。
なんと30名が試釣りに来て新中央R・二本松R・大沼R・針原Rと竿を振っている。
千和中央Rのいつもの針原より三本目竹杭が空いていたので入ることにした。
私は此処はいつも新べらが居つく場所となぜか思っている。
14尺・19尺で魚のタナを確認するとどちらも
両だんごの反応も良く直ぐにアタリ出して乗る。3枚~4枚で1Kと新べらが口を使う。
2時間の釣りで終え他のロープを見に行く
釣り場所により魚の手応えが全然違うので
明日は場所を外すと悲惨な目に合いそうなので新べら狙いに的を絞り千和中央Rで竿を振ると決めた。
当然にホテルで前夜祭 楽しい釣り談義に眠れそうもない 

10月12日(水)晴れ
千代田湖・山梨県甲府市
本部・千和

am5:30
40名が千和に集合
いつもの通りに手際の良い審判部長の行事説明があり入場番号と検量カードを手渡され荷物を舟に乗せる。
幸いにも針原方面に行くメンバーが少なくボート位置も先端方面に取れた。
1本オールで漕ぎ昨日のポイント手前の2本目の竹杭に着ける。
14尺を継ぎ様子を伺うことにすると今日も反応が良く直ぐにフラシを下す。
80枚・25Kを目標にして一日頑張るつもりもこれならいけるかもなんて甘い考えがよぎる。
時間10枚を3時間の9時半に30枚釣り上げフラシ交換をする。
予想通りの新べら釣りでこのままアタリが途切れなければいいのですがなんて思っている矢先にサワリが少なくなるのを感じてきた。
2.3枚釣るとサワリが無くなり沈黙の間が長くなる。
隣のKさんの20尺がペース良く絞る。
リャンコで釣っている姿を見ては堪らず19尺に変更
隣の魚は時折地ベラが混じり竿を大きく曲げている。
こっちは相変わらずの新ベラばかりでそれも好転せずポツポツの釣りになってしまう

朝の地合いはどこにで20枚追加の50枚で納竿
検量で16.8K
がっかりの釣果も食い渋りの例会に13位と健闘かも
久々の両ダンゴでの釣りでしたが餌のタッチが今ひとつでした。
来月は今年最後の例会を三名湖で開催で新ベラも入り賑やかな釣りになりそうです。