あと1枚 

saiko9月13日 雨 18℃
前日試釣に
先日に豪雨があり今だ雨が残り最悪の状況に出発が遅れる。
早朝に先発組の会員数名が出舟を空模様と睨めっこで談義に花を咲かせていると連絡をくれた。
中央高速・談合坂PAで先発の釣友から再度の連絡で西湖・石切りで竿を出すも「釣れないよ」と言ってきた。

旧釣友からの連絡で取材のお供で西湖にいるのとの事で久々の御対面
大きな会で昨年年間優勝を果たし今年も僅差で追いかけていると勝負に燃えている姿にびっくり
前期高齢者に片足を入れている男が目を輝しながら20年前と変わらぬ口調に久々に甦る思い出に大笑い
精進湖のポイントを幾つか周りながら饒舌だが少しうるさい旧友の説明に腹を抱えて笑った。
本当良く知っている
旧友と合い昔話に懐かしくまたこれからの釣りを楽しくそしてまた再会の時に大笑いをしたい

旧友と別れ、雨を恨めしく眺め釣りを断念しpm4時にお風呂に贅沢しました。
釣り宿・青木が原に毎年の例会で集まる9名が続々とやってくる。
pm6時夕飯
釣り談義は勿論、釣り状況と最近の生活状況など普段では話せない事もチラホラ 前日の楽しい催しです。

9月14日 曇りのち雨
参加:36名

山上湖3回連続の例会を迎えた。
今年の釣り場とし3回とも西湖・石切りで竿を振る。

5:00am
釣り舟・青木ヶ原から会員5名が出舟
石切り奥屏風ポイントへ向かう会員をやり過ごし第一出っ張り先の中平に着船

13尺を継ぎ魚の状態を探りタナを見つけ竿を交換する。
いつもは直ぐにへら鮒が投餌点に顔を出し賑やかな水族館状態になる。
10分も打つとチラホラとへら鮒が見えてきたのを合図に浮子に変化がでる。
ナジミながらのトップがオカメセット特有の「スっパ」と消し込む
ポツポツながら4時間で16枚を何とかフラシに入れた。

今までのへら鮒の姿が見えなくなるのと同時にアタリも消えてしまった。

11:00am
へら鮒が下がったとの判断で19尺と滅多に出さない長竿?を繋ぐ

竿:19尺
浮子:一峰作・オカメSP4番  B=13㎝
道糸:東洋ナイロン・宙釣り用「サクセス・ホワイト」1.2号
ハリス:上=東洋ナイロン・サクセス「オカメ」1号  15㎝
:下=東洋ナイロン・サクセス「オカメ」05号 55㎝~65㎝
ハリ:上=グラン10号 下=クワセ2号
バラケ:いつもの

いる所には早い
餌のバラケ具合のためにと振った2投目にナジミ前の浮子が「ズッパ」と引き込まれた。
両手で竿を堪え玉編みに収めたのは35cmもある大型

アタリは2種類
今日の乗るアタリは
ナジミながらの消し込み
サワリ後に待っての消し込み  待って待って焦らず必ず当たると判断が必要
サワリを感じない場合は打ち返すこと  絶対と言えるほど当たらない

ポツポツながら2フラシに40枚を釣り上げた。
pm2:30納竿

桟橋検量時間pm3:00
浜の検量で40枚・23.4Kg

なんと精進湖・ニュー赤池本部に帰着すると入賞している事を聞かされた。
中々入賞が難しい浅草へら鮒会で2着 大変に嬉しい
そして、優勝重量と400g差にこんなものと残念

あと2回の例会10月:千代田湖 11月:三名湖に全力で挑み年間順位の押上げを測りたい